安いの裏にはなにかある?格安航空券を買う際にはしっかりとデメリットを知っておこう

- 国内で格安航空券を使うことで起きること

雪山大学

最近の投稿

新着情報

▶2018/12/03
郵便局のATMでプロミスの返済|即換金 アプリを新規投稿しました。
▶2018/12/03
むじんくん 新居浜|クレカ 現金化 千葉を新規投稿しました。
▶2018/12/03
メルカリ現金化 裏技|クレジットカードでお金を借りるを新規投稿しました。
▶2018/12/03
買い取り方式の現金化|金券 マクドナルドを新規投稿しました。
▶2018/12/03
個人事業主 ビジネスローン ポイント|イージーサポートを新規投稿しました。

国内で格安航空券を使うことで起きること

飛行機のメリットは時間短縮ができることですが、何よりもデメリットが大きいのが問題です。それは費用が高くなってしまうこと。それを改善できるのが格安航空券になります。とても国内とも相性が良いですので、使ってみると良いでしょう。ただし知っておかないといろいろと問題が起きることもあります。

一面に広がるラベンダー畑

安いの裏にはなにかがある

基本的なことですが、安い商品には何らかの裏があります。もちろんサービスによって安くなることはありますが、格安航空券はそのようなものではありません。必ず利用する人にメリットだけを提供するものではないことを理解しましょう。デメリットの方が感覚的に大きな負担になるようでは、せっかく安い航空チケットも台無しになってしまうことも。基本となる「安いには裏がある」ことを理解するのがスタートです。

利用者に負担が掛かることも

負担が掛かってしまうのが大きな問題です。格安航空券の代表格になるのがLCCになりますが、特にこの航空会社になると負担が大きくなることが多いです。なにをするにも利用料金が掛かるとまず考えてください。人件費を削減し、あらゆるコストを削ることによって実現できたのが格安チケットになります。よってLCCに負担が掛かることをすれば、利用料金が発生するシステムです。

その特徴的なシステムこそが、機内サービスになります。フルサービスキャリアではドリンクサービスがありましたが、LCCにはありません。ブランケットの使用、イヤホンもお金が掛かります。一部の航空会社には無料で提供されることがありますが、国内の会社はほとんどがこのシステムです。何か求めるのであれば、利用料金が掛かることは覚悟しておきましょう。

しかし、それに見合うだけの安さは魅力的です。
興味がある方は一度値段をアイベックス予約などで調べてみるといいかもしれません。

大きな空港を利用するときは注意を

負担を強いられるのは利用システムだけではありません。地方空港になると、フルサービスキャリアと近い距離にチェックインカウンターやターミナルがありますが、大きな空港になるとそういうわけにはいきません。チェックインカウンターやターミナルも別になることがあり、そこで大きな失敗をしてしまうことも。

フルサービスキャリアと比較しても、チェックインまでの時間が短いのがLCC。迷ってしまうことで登場することができないことも考えられます。ネットからチェックインすることができる航空会社も一部ありますが、ターミナルがわからなければ飛行機に乗ることができません。大きな問題に発展しますので、必ず大きな空港を利用するときは地図で把握しておきましょう。

サイトを見れば簡単に閲覧することができます。これを行っているだけでも、大きな空港で迷うこともなくなるでしょう。空港によっては歩いて10分以上掛かるようなことも。小さな子どもを連れた旅行になると、さらに時間が掛かることが予想されますので、十分にチェックしておきましょう。

いまある値段が最安値ではない

安いことが前提としてありますので、それ以上を求めることをしないのも格安チケットになります。しかし求めればさらに安くすることができるのも、安い航空券です。航空会社が販売していると潜在的に感じてしまうものですが、旅行会社や金券ショップでも扱っていることが多くなっていますので、さらに安くなることも。旅行やビジネスで一泊することもあるでしょう。そんなときは宿泊するホテルも一緒に予約することでさらにお得にチケットを取ることができます。

負担を知って購入をすることが大切

安いには裏があることを理解して、その存在をはっきりと自分の中に刷り込んでおくことがうまく格安な航空チケットを利用する秘訣です。最初は不満を持つこともあるでしょうが、それを理解できればお得さを感じることができます。