国内で格安航空券を使うときの注意点

- 国内で格安航空券を使うときの注意点

雪山大学

国内で格安航空券を使うときの注意点

安いことからすぐにでも格安航空券を国内で利用したいと考えるでしょうが、ただそれだけで利用することになると痛い目に遭う可能性もあります。消費者として安いことは何か裏があることを認識しておかないといけません。それは安い航空チケットでも同じことが指摘できます。

格安航空券はどんなシステムで安くなる?

なぜ安くなるのかについて、知ることによって痛い目に遭う可能性も少なくなるでしょう。安くなるシステムとしていろいろありますが、特に代表格であるLCCが用いているのは、いろんなことを削って安くしているところです。それは人件費やサービスになります。大手航空会社であるフルサービスキャリアと比較してもそれは歴然です。このようなシステムによって利用者が障害を感じることもあるでしょう。フルサービスキャリアと違うだけでも、違和感になってしまいます。

また航空会社の思惑にも触れておかないといけません。なるたけ席を埋めてからフライトしたいのが航空会社の思惑です。なるたけ赤字を抑えたいことから、採算がとれる程度まで下げることが可能です。観光シーズンオフになると特別安いチケットも出てくることから、それを求めるのも良い方法です。さらに安くなります。

国内との相性が良い

そんなにフライト時間が長くないのが、国内の旅行になります。実は格安航空券ととても相性が良いことを知っておきましょう。特にLCCとなると、ドリンクサービスはもちろん食事も有料になってしまいます。シートピッチが狭くなることもあり、そうなると窮屈に感じることもあるでしょう。

しかし日本であればそこまで長時間のフライトにはなりません。このようなことから、ドリンクや食事、少しぐらい窮屈なシートであっても我慢することができます。長時間になると問題になりますが、時間が短いことからこのデメリットは十分受け入れることができる範囲です。

キャンセルには要注意を

安いチケットになりますが、落とし穴があることも知っておきましょう。それはキャンセル料が高くなることです。航空会社によって異なりますが、大幅な値下げをしたチケットは特別キャンセル料が高くなることが多いです。これはよく知っておかないと痛い目に遭うことになります。

性質を理解してチケットを購入しよう

チケットの性質さえ理解していればそれほど注意することはありません。ただ知らないと知っているのとではまったく違いますので、この点は理解してください。