よく指摘されるデメリットは国内ではあまり該当しないことも

- よく指摘されるデメリットは国内ではあまり該当しないことも

雪山大学

よく指摘されるデメリットは国内ではあまり該当しないことも

格安航空券を提供する代表的な会社がLCCになります。格安航空会社になりますので、それだけで安いチケットを手に入れることができることを想像することができるでしょう。ただいろいろとデメリットになることも多いですが、国内の利用であればそれほど問題になることは少ないです。

機内サービスは我慢できることが多い

格安航空会社であるLCCの不満としてよくあげられるのが、機内サービスの不備です。しかしこれはフルサービスキャリアを利用しているからこそ、指摘されることが多い不備になっていますので、初めての飛行機がLCCであれば「それが当たり前と感じる」ことも多いくらいです。また国内だからこそそれほど問題にならないこともあります。

フルサービスキャリアになるとドリンクが無料になりますが、LCCは基本有料です。欲しいのであればお金を支払わないといけません。ただ日本で移動をするとなると我慢することができます。飛行機に乗る前に済ませておけば、それほど困ることはありません。時間潰しの持ち込みもフルサービスキャリアと制限はありませんので、自分で用意しておけば問題になることは少ないでしょう。

問題はシートピッチ

ただシートピッチになると、大きな問題になってしまうことも。LCCは多くの人を詰めてフライトをすることになりますので、フルサービスキャリアと比較すると席と席との間の距離がとても短くなるのが特徴です。大きな人が隣にくると、圧迫感を得ることもあるでしょう。こればかりは運になりますので、当日そのような人が隣にならないことを祈るしかありません。

ただ日本であればフライト時間もそれほど長くはありませんので、我慢できる時間でもあります。パーソナルスペースが極端な人であれば疲れることもあるでしょうが、それほど問題にならないことも多いです。

荷物に関してはサービスも良くなった

機内に持ち込める荷物はもちろん、受託預け荷物にも制限が掛かっています。フルサービスキャリアになると緩いこともありましたが、LCCはこれでお金をとっているのかと想像するくらい超過料金が高い時期もありました。しかし許容範囲を広くする会社が増えていますので、日本であれば荷物も少ないことからあまり問題になることは少ないです。

国内との相性が良いのが格安航空券

いろいろと指摘されることも多いのがLCCになりますが、よく考えればあまり問題にならないことも多いことがわかるでしょう。特に日本であれば許容できる問題になることも多いです。